大日本帝国 模型総合研究所 食玩・プラモデル・塗装済みプラキット

masatosan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 20日

都内某所からの朝焼け

表題の通り都内某所ですが、一体どこか分かりますか?

最近、とは言っても少し以前ですが、タカラの連斬模型「武蔵」を完成させました。
モデラーを自称する人からみたら、半完成品はオモチャと言いたい様ですが、今の私には十分です。
趣味ってその本人が楽しく感じれば成功だと思いますよ。

塗装済みの模型には、メリットも十分にあります。
モデラーの机ってたいていは塗料でギトギトに汚れていますよね?
私は、大事な机が塗料で汚れているのが大嫌いなので、部屋を汚さない為にも塗装済み模型は助かります。
それと換気をしても部屋に残るシンナー臭も苦手ですね。
子供のころ、塗料のビンをひっくり返してコタツ布団を汚していました(笑)。

タカラ自ら、塗装済みの模型を未来の模型のあり方の様に言いますが、その通りだと思います。
昔のマンガやアニメを見ると、男の子の趣味として表現されていて、昔は男の子なら誰でも一度はやったことのある趣味が模型だったと思います。

しかしながら、今現在は沢山選べる趣味の中のひとつですからね。
すでにスケール・モデルのメーカーは、ビギナーの確保を諦めていますよね。
部品割りを複雑化して、最初からエッチングを付属させたり、そして高価な値段はますます子供たちから模型を遠ざける。

そんな中にあって、塗装済みの半完成品は、子供たちにも手の届く楽しい模型であると思います。
これからも、大人にも、子供にも、楽しい模型の発売をタカラトミーに期待します。

a0048167_1972789.jpg
[PR]

by masato_99s | 2010-02-20 19:07 | ■ 艦船フィギュア


<< 連斬模型「大和」      連斬模型「みょうこう」の完成2 >>