大日本帝国 模型総合研究所 食玩・プラモデル・塗装済みプラキット

masatosan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 06日

潜水艦 シュルクーフ

世界の艦船スペシャル ローレライ シュルクーフを製作した。
福井氏原作の終戦のローレライの中では、シュルクーフを
改良し、イ-507に変貌させた事が記載してあると思う。
しかしながら、映画の中ではその事に触れるシーンはない。
フランス→ドイツ→日本へと言う設定がいかにもな潜水艦である。

シュルクーフは、日本のイ-400型潜水艦が登場するまでは、
世界一の大きさを誇った潜水艦であり、日本の大型潜水艦同様に
巡洋潜水艦などと呼ぶ事もある。

さて、私は模型も浴玩も基本的には素組なのですが、
やや手直しをした部分があるので、それについて触れてみたい。
キットでは、飛行機格納庫の扉を開き、いざ飛行機の組み立てを
開始しようとする状態が模型になっている。
しかしながら、潜望鏡等は目一杯上がった状態になっている。

私は、説明書の通り格納庫の扉を開けた状態で組み立て、
本来浮上した状態で、飛行機の組み立て作業をするのだから、
潜望鏡を引っ込めた状態に手直しをした。
また、正式名称は知らないが、潜望鏡後方にもひときわ高い
マストがある。
実艦の写真を参照すると、キットの部品は長過ぎる事が分る。
ですんで、やや短く切り詰めた。
有名な艦なんかと違って、資料も沢山ある訳でもないのだから、
見た感じの見当で切り詰める事とした。
潜望鏡はもっと短くしてもよかったかも知れません。

※近々中に写真をアップ予定。

私のサイト本館:
■ System-M ■
[PR]

by masato_99s | 2006-04-06 02:58 | ■ 艦船フィギュア


<< 戦艦 大和 沈没      駆逐艦 初霜と雪風 >>