大日本帝国 模型総合研究所 食玩・プラモデル・塗装済みプラキット

masatosan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:■ お仕事募集 ご依頼承ります( 1 )


2015年 03月 19日

お仕事募集 ご依頼承ります

当総合研究所では、お仕事を募集しています。

模型評論、模型批評、模型解説、
雑誌、インターネットコンテンツの記事作成。
模型制作そのものは上手ではありませんが、解説することは出来ます。

模型パッケージデザイン、イラストレーション制作。
解説書デザイン及び、DTP作業。
タンポ版制作。
商品宣伝広告制作。

模型販売と企画のアイディア提供。
このような商品を出したら売れる、このような売り方をしたらもっと売れるなど、企業活性化のためのご助言をさせて頂きます。

一事例、
もう何年も前のことです。
艦船模型は敷居が高いので、塗装が必要ないように色プラで構成して、色別に部品を分けたものを販売したら絶対に売れると某玩具メーカーに提言したことがありますが、あえなくスルーされております。

発案の理由として、甲板に細かくマスキングテープを貼る作業は、素人には大変で子供にはとてもしんどい作業です。
これが嫌だと感じたら艦船模型を作りませんし、裾野が広がりません。
顧客を若いうちから育てることが、未来の顧客を広げることでもあるので、まずは裾野をグッと広げる。
これが重要です。

即断しなければ、負け組になる事実。
アイディア勝負に、二番手、三番手はありません。
一番最初にやったメーカーが、草分けとして注目されて勝利者になります。

躊躇をしていたら、どんどん先を越されてしまいます。
例え、一番最初に考えたとしても、二番手になった段階で、他社を真似たとしかレッテルは貼られません。
なので、アイディア勝負は即断が必要です。

あと、食玩の売り上げを伸ばすには、こういう方法がよいと言うアイディアがあります。
これも、スルーされたことがあります。
企画者目線と、消費者目線は異なっていることが多いです。

企画者がやりたいことと、消費者が望んでいるいることが合致した時のみ商品が大ヒットになるのですが、企画者が「これがやりたい!」という願望を押し通してしまっている部分があります。
ヒットしなければ次の開発資金も先細りますから、ヒットしていくことが大事なのですが、そこにアイディアを持っています。

なーんだ、そんな簡単なこと?と思えることでも、企画者が見落としていることや、故意にやらないことが多いです。
そんな枠を取払い、活性化を目指すのであれば、お手伝い出来ることは沢山あります。

今まで一番難しいと感じたことは、メーカーの企画者を説得することです。
売れる商品の提案は、割りとすんなり思いつくのですが、せっかく提案しても簡単には「賛同」してくれない。
実際、実行さえすれば、売れる自信や確証はあっても、賛同してくれないと企画が動き出さない。
どのように説得すれば、売り上げを伸ばすことに賛同してくれるのか、そこが難しいです。

ご依頼連絡先

masato_99s☆excite.co.jp

☆をアットマークに変えてお使いください。
[PR]

by masato_99s | 2015-03-19 19:44 | ■ お仕事募集 ご依頼承ります