大日本帝国 模型総合研究所 食玩・プラモデル・塗装済みプラキット

masatosan.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 30日

駆逐艦 初春と駆逐艦 桜

先日、駆逐艦 初春と駆逐艦 桜を購入。
どちらも個性的な艦容をしていて、とても魅力的にみえる。

初春型の方は、できれば改装前の艦容をしたものが欲しかったのですが、
改装前は、レジンキットでしか発売されていないのでこれを購入した。

これは日記にも記載しましたが、初春は比較的新しいキットにも関わらず
バリがあったりする。
桜(松型)の方も、若干のバリはあるが気になる程度ではない。
勿論、初春の方のバリも簡単に整形できる範囲です。

初春は舷側の窓もちゃんと表現されていますが、
なんとなく甘い感じがします。
気になる方は、ピンバイスで掘り直すといいのかも知れませんね。

田宮の松型の舷側には窓の表現はないです。
どう言う具合か、軽巡洋艦 夕張以降の製品では省略の傾向がありますね。
夕張同様にツルツルです。(笑)
気になる方はピンバイスで掘りましょう。
空母 隼鷹や軽巡洋艦 多摩等は舷側のモールドもしっかり再現されていた事から
夕張や松型は田宮らしくない気がします。
とは言っても総合的には、とても格好良いキットですね。

a0048167_23271738.jpg
[PR]

by masato_99s | 2005-11-30 23:30 | ■ 艦船模型
2005年 11月 23日

超大和型 51センチ砲 砲塔

写真は、超大和型に改造する為の改造部品セットです。
51(50.8)センチ用の砲塔と砲身がセットになってるものです。
何時かは改造して超大和型を作ろうと思って、買って置いたものです。

この商品の感想を正直に書きますと、砲塔のディテールはかなり甘い。
ピットロード社のガレージキット扶桑なんかのものよりも甘いです。
手の器用な方でしたら、大和の砲塔を自分で2つに切り、幅を詰める方が
いいのかも知れません。
しかしながら良い部分もあります。
その良い部分は、やはり金属製の51センチ砲身が付属する事に尽きます。

まだ噂の域ですが、男たちの大和連斬模型のシークレットが超大和型であると
噂がありますね。
連斬模型の超大和型の部品を利用して、田宮の大和と2コ1するやり方も
あるかも知れません。
ただ若干の問題があります。それは砲身基部の状態が連斬模型独特の在り方に
なるんじゃないかと予想されますね。
※シークレットが超大和型かどうかも噂ですので話程度に考えて下さい。

超大和型実艦について。
46センチ砲を搭載した戦艦大和。米国が大和の主砲が46センチと気が付き
対抗する為に米国も46センチ搭載艦を戦場に送り込んできた場合に、
米国46センチ砲を更に上回り優位性を保とうとした計画です。
結局のところ、航空機時代であり戦艦中心の時代ではないと言う判断から
計画そのものが中止になったそうです。
大和の試作プランがA140と言われていたのに対して、超大和型のプランは
A150と言われていたみたいですね。

私のサイト:
http://mypage.odn.ne.jp/home/system_m

a0048167_0172071.jpg
[PR]

by masato_99s | 2005-11-23 00:18 | ■ 艦船模型
2005年 11月 12日

イージス艦いそかぜ

連斬模型 大和に続いて発売された連斬模型 亡国のイージス
映画亡国のイージスに登場する「いそかぜ」を模型にしたもの。

船体が3分割になっており断面の内部が再現されていたり
艦橋や煙突等がカットモデルになっている。

多量生産からか、前作大和よりも雑に出来ておりエンド・ユーザーからの
不満の声が大きかった。
しかし…
曲って接着された部品等は丁寧に剥がして接着し直すとか、塗装が今一つな部分を
塗り直すとかすると随分と違った感じになる。

私が購入したものは艦橋の曲り及び浮き上がり、艦首部分の塗装の剥げ等があり、
自分で作る部分に関しても合いが今一つだったところもある。
どんな物もそうだけど、中国で生産されたものよりも
日本で生産されたものの方が品質が高いと思う。

単価が安いから仕方ないとする声もあるけども、あくまでも日本の貨幣価値を
当てはめた考えであり現地での物価を考えると、けして安いものではないのだ。
艦船模型の好きな方もそうだけど、フィギュアが好きな方からも
期待があった訳ですし、更に今後の品質向上に期待したいものです。
不満の声が多くの方から上がったのは、この商品に対する期待の表れでもあると思うのです。

私のサイト:
http://mypage.odn.ne.jp/home/system_m

a0048167_2325263.jpg
[PR]

by masato_99s | 2005-11-12 23:28 | ■ 艦船フィギュア
2005年 11月 11日

N式潜航艇と海龍(後期型)

映画ローレライに登場するN式潜航艇と
小説版ローレライに登場する海龍(後期型)です。
両方ともタカラ世界の艦船スペシャル ローレライのものです。

N式潜航艇は映画でパウラが乗っていたものですね。
ま、史実的な事を考えるとちょっと…と思う方も多いでしょう。

フライシャーとシンプソンの時にも書きましたが
あくまでも娯楽映画として楽しむ分にはとても楽しく観れます。
N式はフーゼントを下敷きに創作された架空艦で、実在しない映画の中の潜航艇。

海龍の方は実在する兵器ですね。
日本近海で接近戦による敵艦撃破を狙って建造された
小型の潜水艦です。
本土決戦に間に合わせようとして生産されたもので、
終戦時にはかなりの数が完成していた様です。

計画立案時は米軍の戦闘艦の撃沈を目標としていたらしいが、
速力の問題から、主に輸送船の撃沈を予定していたそうです。

a0048167_2227575.jpg
[PR]

by masato_99s | 2005-11-11 22:28 | ■ 艦船模型
2005年 11月 11日

戦艦大和最終時

タカラ連斬模型 大和 最終時です。
写真は初版のものになります。
ヤマト-1と言うシークレットが付くものです。

12月には映画「男たちの大和」の公開に合わせて
リニューされた連斬模型 大和がリリースされるそうです。
もう既にフィギュア系の雑誌には写真が掲載されていましたね。

私は、初版と再・再販分を購入しましたが
初版の方が程度が良かったと思います。
具体例を書くと、スミ入れの状態や各部の細かい塗装の出来栄とかが
初版の方が品質が高かったです。

私のサイト本館:
http://mypage.odn.ne.jp/home/system_m

連斬模型 大和を発売してるタカラのサイト:
http://www.takarahobby.com/index.html

a0048167_17162272.jpg
[PR]

by masato_99s | 2005-11-11 17:17 | ■ 艦船フィギュア
2005年 11月 09日

テストによる投稿

■ 日本海軍 駆逐艦 響

写真は、田宮のWLシリーズ 駆逐艦 響です。
まだ、手を付けたばかりでして様子をみながら組み立てを
している途中です。(^_^)

とにかく古いキットでして考証重視の方には、
我慢がならない部分も多々あると思います。

■ 良い部分
1972年に発売されたキットにも関わらず、全体的な雰囲気や
部品の合い具合等は、流石の田宮と言った感じがします。

上田毅八郎さんのボックス・アートも、とても素晴らしい印象を受けます。

■ 悪い部分
改装前と改装後の艦容が混同されており、史実にも基づく駆逐艦 響を
製作するには若干の改造が必要である事。
どの年代の設定にするかで改造の内容が決まってくるかと思います。

今回はストレスを感じる事なく楽しむ模型って事で
ストレート組みにしようと思います。

■ 実艦について
駆逐艦 響は、雪風同様に多数の戦闘に参加し終戦まで生き残った
とても運の強い船です。
戦後、復員船として活躍した後に賠償艦としてソ連海軍に
引き渡されていきました。
最後は、ソ連に持って行かれてしまいとても残念です。
存在していれば、その強運から記念艦にでもなっていたかも
知れませんね。(^_^)

a0048167_3315455.jpg
[PR]

by masato_99s | 2005-11-09 03:32 | ■ 艦船模型