大日本帝国 模型総合研究所 食玩・プラモデル・塗装済みプラキット

masatosan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

f-toys(エフトイズ) 永遠の0ゼロ ドーントレスSBD

ドーントレスSBD エンタープライズ艦載機です。
f-toysの零戦21型より開発があとな為か、模型の出来映えが良い様に思います。
正直言って米軍機のデザインは嫌いですが、フルコンプしたかったと言うのと、零戦21型 赤城艦載機と対決(並べて飾るだけ・笑)させたかったので引き当ててみました。
a0048167_10234267.jpg

a0048167_10244334.jpg

本年度最後の更新が米軍機なのは不本意ですが、ほかにヘルキャットや、97式艦上攻撃機もあるので、暇をみて更新したいです。
コメントに関しましては、掲示板をご用意しています。
[PR]

by masato_99s | 2013-12-31 10:24 | ■ 永遠の0
2013年 12月 25日

f-toys 永遠の0ゼロ 零戦勢揃い ZERO A6M5ほか

前回の項で、ダブりなしで零戦を引き当てることが出来たと書いたので、零戦たちを紹介します。
上から、
・零戦21型 赤城第1航空戦隊
・零戦21型 台南航空隊
・零戦21型 第721航空隊
・零戦52型 第721航空隊

97式艦上攻撃機も欲しいなと思っていたのですが、これも一発で引き当てました。
恒例の冗談言ってもいいですか?
実は、私エスパーなんです(嘘)。
エスパーって言うのは単に冗談ですが、欲しいものをポンポン引き当てるので、周囲から「凄いね!」とは言われています。

引き当て方の解説をすると、メーカーがブラインド性を高める対策をねる可能性もあるので、内緒と言うことにしておきます。
メーカーが繁栄することは、消費者にとって良いものが供給されることでもあるしね。
a0048167_12262946.jpg
a0048167_12271294.jpg
a0048167_12275260.jpg
a0048167_12283119.jpg

零戦21型に関しては、胴体と主翼の間に隙間が発生しているので、一度外して修正しようと試みましたが上手くいきませんでした。
コックピット内の座席の浮き上がりとかも、一通り調べました。
ほかの方の作例もみたのですが、やはり隙間があいていることから、仕方ないのかも。
ただし、隙間は写真に撮ると大袈裟にみえますが、目視でみる分には、まあまあ許せます。

濃緑色に塗装された零戦に関しては、最初から胴体と主翼に隙間は発生していません。
ユーザーの不満を拾い上げると、銃やピート管のまがりにシビアな人がいる様ですが、私は曲がりを手で直してやりました。
手加減をしながらやさしく直してやれば、折れずに真っ直ぐになります。
[PR]

by masato_99s | 2013-12-25 12:29 | ■ 永遠の0
2013年 12月 23日

f-toys 永遠の0ゼロ 零戦二一型 宮部機 ZERO A6M2b

艦船キットコレクション以降、塗装技術が飛躍的に向上しているf-toysの塗装済みキット。
とても良い出来栄に仕上がっています。
ブラインド式販売ですが、私は零戦4機をダブりなしで一発で引き当てました。
とても幸運だと思っています。
4種類ある零戦の内、宮部氏が特攻で使った二一型が一番良く出来ている様に思います。
a0048167_1251953.jpg
a0048167_12515245.jpg
a0048167_1252429.jpg
a0048167_1253261.jpg

[PR]

by masato_99s | 2013-12-23 12:53 | ■ 永遠の0