大日本帝国 模型総合研究所 食玩・プラモデル・塗装済みプラキット

masatosan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 20日

バンダイ メカニックコレクション マジンガーZ(MC)

a0048167_12111599.jpg
すでに可動性能に関しては、ほかサイトで触れられているので、本ブログでは、マジンガーZを製作するにあたり大事な部分を指摘したい。

まず、付属の目のシールをそのまま貼ると、マジンガーZにはみえない。
マジンガーZに似た何かになってしまう。
メカニック コレクションの特徴として、目の周りにあるべき黒ふちが再現されていない。

a0048167_12111528.jpg
目の周りの黒ふちは、ロボットアニメの草分け的なもので、非常に重要な意味がある。
ライディーンにも、ガンダムにも、目の周りの黒ふちがあるのは、マジンガーZからの影響でしょう。
その観点からも、けっして省くことが出来ないものだが、表現がなされていない。

a0048167_12111643.jpg
シールをそのまま貼っている方も多いのですが、そうすると目が大きくなってしまう。
目のシールを貼る位置は、黒ふちを含む大きさとして計算されているので、全面シールの黄色だと変になる。

私は、目の部分をまず黒く塗装した上で、採寸を小さくしたシールを貼っています。
アニメをみると分かるのですが、目の周りの黒ふちはかなりしっかりと描かれていることが分かる。

バンダイに、改修して欲しいのは以下
・目のシールに黒ふちの再現
 出来れば目の部品が別パーツとなり、表現されれば尚良い
・鼻の部品、ルストハリケーンの部品の噛み合わせ修正
 出来ればスリットの部分は抜けている様にして、裏から黒/グレーの部品を入れ込む
・間接部のネジが固過ぎると不評が多いので、入れ易くする

必ずしも全面改訂じゃなくても、一部改修でもいいから、メーカーに取り組んで欲しいものです。
欲を言えば、太もも、二の腕の筋彫りの部分が、浅過ぎていてスミ入れがやりづらいが、ここより顔部分の問題の方が大きい。

草分け的なロボットとして、アニメ史に残る、マジンガーZですが、いまだ決定版と言うべきキットが発売されていない。
これまで発売されて来たものは、いずれも何処かおかしい部分があると言う状態になっている。
是非、バンダイに改修版を出して欲しい。

a0048167_12111698.jpg
シールははがれ易いので、爪楊枝の先端に、瞬間接着剤をつけて補強してやっている。
ベルトバックルの部分は、シール跳ね返りの力を弱くする為に、折れ目に極薄でナイフを入れている。
折れ目とは、下に垂れ下がった部分に折り返しが存在するが、そこのことである。

余談
MCは、再販され現行商品にも関わらず、プラ部品の在庫がないので、組み立てには注意する必要がある。
ここは、スケールモデルに比べてサービスが悪いところなので、改善されたら嬉しい。
私は、クチの部品が欲しいが為に、もう一箱買っている。

前作、エクストラ ヘビーバージョンはこちら
https://masatosan.exblog.jp/238326686/
[PR]

by masato_99s | 2018-03-20 12:33 | ■ マジンガーZ


<< 防空戦艦 紀伊・尾張(超大和型)      バンダイ 真マジンガーZを購入... >>