大日本帝国 模型総合研究所 食玩・プラモデル・塗装済みプラキット

masatosan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:■ 海上自衛隊 あきづき( 1 )


2014年 01月 01日

ピットロード 1/700 海上自衛隊 あきづき 塗装済み組み立てキット

本日、1月1日に海上自衛隊 あきづきのキットが到着しました。
本来、製作にかかりたいのですが、F-toysの「永遠の0」の方に力を入れているので、艦船の製作はもう少し先になります。
(永遠の0に関しては、カテゴリーから記事を選択してください。)

あきづきの話しに戻ります。
まず、塗装の出来栄はとても良く出来ていて、大袈裟に言えば鉄道模型の様な精密さを感じさせます。
「ひゅうが」や「いせ」では塗装されていなかった、窓もスミ入れがしてあります。
ただ、ヘビーユーザーの不満は、通行帯などがタンポ印刷で表現されておらず、デカールに頼っていることだと思います。
a0048167_19282564.jpg
a0048167_19291133.jpg
a0048167_19295018.jpg
a0048167_19302785.jpg

(画像ピットロード)
製作年代が違うものを比較するのは良くありませんが、イージス艦と言えば、タカラの「亡国のイージス」シリーズを思い出す人も多いでしょう。
今回の「あきづき」と比較して、一長一短の様に思います。

タカラの「亡国のイージス」シリーズは、通行帯や艦番号、艦名などがタンポ印刷で表現されていて、デカールでの表現が必要ありませんでしたが、全体として塗装が雑な部分があるとユーザーから指摘されていました。
一方、ピットロードの「あきづき」は、塗装の状態は大変に綺麗なのだけれど、タンポ印刷不足になっています。
模型と言うこともあって、完璧はないですね。

以前、展示会の時にピットロードのブースにお邪魔して、もっとタンポ印刷を取り込む様にしてみては?と意見を言わせていただいたのですが、どうも乗る気ではなかった様でした。
実を言うと、タンポ印刷版やパッケージをやらせて欲しい!とまで言ったのですが・・

タンポ印刷不足に関しては、不満ですが、キットそのものは良い出来栄で好感が持てます。
スライド金型を駆使した一体成形の艦橋部など、新技術てんこもりで、各部の精密感もあふれています。
[PR]

by masato_99s | 2014-01-01 19:33 | ■ 海上自衛隊 あきづき