大日本帝国 模型総合研究所 食玩・プラモデル・塗装済みプラキット

masatosan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:■ 艦船模型( 106 )


2018年 06月 19日

ピットロード 1/700 海上自衛隊 いずも(塗装済みキット)

少し前に、いずもを購入しました。
全体的には、とてもいい印象ですが、やや残念なところも…
後部艦橋の、張り出しの部分が最初から欠けていたり。
これはキツイなって感じですね。

あと、いつも某大型通販サイトに関して疑問に思うことなのですが、
新品にも関わらず、やけに酷く箱が痛んでる場合があるじゃないですか?
なんで、あんなに品質管理が悪いんですかね。

マジンカイザー買った時なんて、箱が何カ所も潰れていて、人為的なものすらありました。
これ、他でダメなのを、某サイトが安く買ったりしているんでしょうか?
箱が、手でもんだ様な形跡もあったんです。

以前、シュバルツを購入した時には、模型屋さんで、何年も放置されている様な酷いスレが多々あるものが、新品として来ました。

某サイトの特徴として、他よりかなり安い時がありますよね?
あれ、なんで?って感じで…
もしかすると、最初からB級品を安く仕入れていたりするのかな?
そう思うくらい酷い時があります。

さて、話題は戻って、
いずも の塗装の感じとか、とても良く出来ていますよ。
拡大鏡でみると、やや塗装ズレしている部分もありますが、目視で気になる範囲でもないかなと。

私は、食玩とか好きなので、食玩の親分みたいな感覚で、塗装済みキットをみています。

タミヤの、いぶき と比較してなのですが、いずも の方が湯口に気を使っている箇所が多々あります。
タミヤは、タミヤでスッキリしたキットなのですが、これは昔のタミヤと違うなって思える部分も、中にはありますね。

好きな人は、いずも、かが、いぶき、と揃えるんだろうなと推測しています。
[PR]

by masato_99s | 2018-06-19 23:24 | ■ 艦船模型
2018年 05月 28日

タミヤ 1/700 空母いぶき を購入!

a0048167_20560923.jpg
長谷川とのコラボではなく、全タミヤ製のキットです。
箱絵が出回った際に、長谷川のマークがないので、不思議に思っていましたが、全部をタミヤが作っています。

出来そのもの、精密さは、好評と思います。

しかし驚いたのが、艦底板がないこと。
そして、バラストもないこと。
これらは、従来からのウォーターラインから大きく外れるものですが、コストカットを目的としているのだと思います。

洋上モデルである場合、海面ジオラマの上に乗せたり、飾り台に乗せたりと言う想定なので、艦底板がなくてもいいと言う判断をしていると思います。
しかしながら、船を裏返すと、穴があいていますしね…
思い切った判断ではあるものの、禍根を残す可能性もアリです。

あと、従来からのタミヤ思想は、十分に受け継がれています。
模型ユーザーの裾野を広げるには、まず作り易さが必要ですが、部品点数を抑えつつも、精密感のある仕上がりを目指すコンセプトです。

ちょっと残念なのが、色分けしていないこと。
キャラクターモデルの進化は目覚ましく、精密になったことに加え、色分けも進化しています。
スケールモデルで、色分けを実現すると、値段が引き上がるので避けられているのかも知れませんが、欲が出ますね。

例えば、飛行甲板、煙突上部を別の色プラにする。
飛行甲板には、タンポ印刷を施し、精密な白線をシャープな状態で再現する。
飛行機の日の丸も、タンポ印刷の表現だとありがたい。

こうしたものは、嫌いな人もいるでしょうけれど、キャラクターモデル並みの進化があったら売れると思います。

エッチングのないことに不満を言う人もいますが、私はまったく逆の考えです。
むしろ、なくていいです。
艦船模型が一部のマニアの為のもので、どんどん縮小する方が、おかしいですから…
キャラクターモデルの様に、取っ付き易く、作り易いことが、これからのユーザーを育てることでもある訳ですしね。

何より、キャラモノみたいにお手軽に出来たら、楽しいと思う人一杯いますよ。

と、言うことも全部含めて今後にも期待です。

[PR]

by masato_99s | 2018-05-28 21:00 | ■ 艦船模型
2018年 05月 02日

タミヤ 1/700 空母いぶき

a0048167_20181869.jpg
画像:タミヤ/ホビーサーチ

タミヤから、空母いぶきが発売されます。
かわぐちかいじの漫画のやつですね。

多分ですが、長谷川のキットに、ジャンプ台や付属品をセットしたものだと思うのですが、
違いますかね…?

ピットロードのものだと言う人もいますが、違うでしょう。
以前、1/72で、74式戦車を発売していますが、タミヤのコピーですよね?
正直、タミヤと、ピットロードは、あまり仲がよくないと思うけど。

大和に対して、同スケールの、大和をぶつけてくる。
タミヤもいい感じしていないでしょう。

ウォーターライン仲間で、長谷川が存在しているので、一番可能性が高いと思います。
けれど、試作の箱には、長谷川のマークみえないですね。
コラボをした場合は、相手メーカーのマークも掲載されます。
もし、全部タミヤなら凄いね。

[PR]

by masato_99s | 2018-05-02 20:24 | ■ 艦船模型
2017年 10月 07日

ピットロードの戦艦大和

これから発売のピットロード、1/700の戦艦大和が凄い出来栄ですね。
どうせなら、色プラ構成とか、着色済みキットとか、期待してしまいますが、普通のプラキットとして発売される様です。

連斬模型の輪切りの状態にストレスを覚えた人も、これなら満足ですよね。

ピットロードの艦船は、気まぐれで、塗装済みのが発売されるので、もしかしたら大和も出るのかも。
仮に出たとしても、いい値段になりそうですね。

[PR]

by masato_99s | 2017-10-07 21:50 | ■ 艦船模型
2016年 09月 30日

フジミ(FUJIMI)艦NEXT 第4弾 空母赤城 10/1発売!

a0048167_16023100.jpg

a0048167_161664.jpg

写真、フジミ模型

フジミの艦NEXT 第4弾 空母赤城が、10/1に発売されますね。
何度か、延期になって来たので、それだけファンにとっては期待感も大きいと思います。
写真をみた限りだと、非常に優れたキットのようですね。

この感じからすると、大鳳とかも、艦NEXTで出るんでしょうかね。
それより、はじめに、加賀と続くのか。
この商品もさることながら、今後にも期待感が増します。

エフトイズ(F-Toys)のミニスケール艦船と並んで、現在、艦船模型を盛り上げているのが、艦NEXTシリーズなので楽しみです。

エフトイズと、フジミの共通点と言えば、素人でこれからって人でも、取っ付き易い商品を開発していること。
こうした姿勢は、模型の裾野を広げることで、ユーザーを開拓して育てることに繋がります。
艦NEXTは、部品数は多いのでしょうけれど、ワンルームマンションなどで塗装ブース設置が困難な環境にある人には、絶対有効だと言えます。
あるいは既婚者で、家族に塗装シンナー臭が嫌いな人がいるとか。

割と、家族公認の模型趣味っていう観点でみても面白いですよね。

バンダイが、ガンダムファンと、ガンプラファンを同時に確保する戦略なのと同様に、流行の仕掛人とユーザーが、一体的に動くのは、模型界の活性化になります。
[PR]

by masato_99s | 2016-09-30 16:01 | ■ 艦船模型
2016年 07月 20日

フジミ(FUJIMI)艦NEXT 第四弾 赤城 発売延期?

もともと、6月ごろの公表があって、7月下旬の公表があったと思いますが、9月にずれ込んだ?ようですね。
焦って、不具合のあるものが、市場に流通するよりは、じっくりやって「いいもの」が、手元に来る方がいいでしょうから、発売の延期があってもよいのですが、艦船の夏ならぬ、艦船の秋になってしまいますからね。

けど、発売の延期があったとしても、艦NEXTシリーズへの期待感は依然として高いと思います。
部品が、すんなり入る、入らないで、不満をいう人がいたとしても、モールドのメリハリを含めて、商品全体としては常に好印象という人が多いですからね。

色プラ部品分割という方法は、以前私が、あるメーカーに「こういうのやったら絶対に売れると思いますよ!」と提言したことがあるのですが、そのメーカーは却下してしまいました。
この件は、以前このブログでも記載したことがあります。

で、誰が、いつ、どこで、提言しようとも、やったもの勝ちなのがこの世界。
いつも思うのですが「こういう商品出したら絶対に売れますよ!」と言っても、なかったことにされるばかりです。
そして、同じような発想の商品が、他社から出て来る。

私が、普段いわれることですが「見る目のないところにアイディア売り込んでも無駄だよ。見る目のあるところに売り込まなきゃ。」といわれたりします。
なんだかなー、と思います。

フジミの戦略は、間違っていませんよ。
色プラ部品分割という方法で、日本以外の国も、真似してやって来ていますよね。
おお、これはいいな!と思うから、真似て来る訳でしょ?
今や、模型界のファッションリーダーのような存在が、フジミではありませんか。

以前、私の意見を却下したメーカーは、ほかに出し抜かれても、なんとも思わないのかどうか・・
あの時、すんなり決断していたら、模型界の様子も違っていたかも知れませんよ。
今やすっかり、顧客として、模型界を見守るだけです。

このブログ、作例としては工夫もなく、キットのまま組み改造もろくにしないものばかりですが、ブログには「模型総合研究所」の文字があります。
一体、なにが研究所なのかと、思う人もいるでしょうが「こういう商品出したら絶対に売れる!」という提言や、販売戦略なんかも、お手伝い出来るのが、このブログの主なんです。
商品の中身以外にも、パッケージのデザインなんかでも、他社と差別化する方向で提言することも出来ます。

もちろん、提言だけではなく、実際にデザインすることも出来ます。
例えば、売れる商品の提言や、商品をより良く売る方法なども、アイディア提供出来ます。

つまり、模型製作に於いて「総合研究所」な訳ではなく、模型を企画する分野で、お手伝い出来るという意味で「総合研究所」なんです。
今まで、これを一度も説明していませんでしたが、意味はそういう意味です。
[PR]

by masato_99s | 2016-07-20 18:57 | ■ 艦船模型
2016年 07月 02日

FUJIMI(フジミ) 艦NEXT 第4弾 空母赤城

いよいよ、フジミ 艦NEXT 第4弾 空母赤城 が発売されます。

本当は、武蔵の次に赤城の発売と公表されていましたが、超大和型の発売が飛び込んで、順番が変更されたようですね。
私は、大和竣工時の方が可能性があると思っていましたので、突如、超大和型が飛び込んできたのは、意外でした。

さて、赤城はどうでしょうね。
第一弾、第二弾の時は、ダボとダボ穴の精度がいまひとつな部品があって、入りづらいと言ってる人も多かったですね。
その辺りが、改善されているといいのですが。

モールドにメリハリのある赤城が、新規金型で発売されるなんて、そう思うだけでも納得の人もいることでしょう。
ほか、エフトイズの、ひゅうが、いせ、などの発売もこの7月にあるので、艦船ファンにとっては充実感のある月になると思います。
[PR]

by masato_99s | 2016-07-02 15:23 | ■ 艦船模型
2016年 03月 09日

艦NEXTの第3弾は、超大和型

次作は、空母になると公言していたフジミですが、
大和、武蔵、に次ぐ作品は、超大和型になるようですね。
赤城と思われるキットは、後回しになったようです。

これまで通常販売されていた、超大和の造形に不満を感じていた人には、吉報となる筈。
なんと言っても、最新の技術で造形されるのですから、その精度に期待が持てますよね?

これまで、ガレージキットの改造部品を含めて、多々超大和型関連のものが発売されて来ましたが、今イチ決定打に欠ける印象を持った人も多いことと思います。
今回のフジミさんからの発売が、決定版になるといいですね。

ピットロードが造形を担当した、連斬超大和型は、そこそこ良く出来ていましたが、船体が分割ですからねー。
そう言う意味も含めて、フジミさんの商品に期待です。
[PR]

by masato_99s | 2016-03-09 21:24 | ■ 艦船模型
2015年 05月 08日

戦艦武蔵 主砲発射写真の公開 クレーン空中線支柱がない

a0048167_18503315.jpg

写真:毎日新聞
戦艦武蔵の主砲発射の場面が、公開されています。

非常に迫力ある写真で、46センチ方が如何に強力であるか物語る内容になっています。
艦尾方向からみたものですが、クレーンにある空中線支柱が見当たりません。

空中線そのものは、みる角度によって無いようにみえる可能性がありますが、支柱がないのはおかしいですね。
やはり支柱は、折り畳み式というのが正論なのでしょうか。
そうなると、沖縄出撃時の大和も、支柱を撤去したのではなく、前に倒しただけってことになりますね。

折り畳み式と考えるのが妥当なのかな・・
そもそも、戦艦同士の戦いを想定して建造されたのが、大和型な訳だけど、後部から敵戦艦が迫って来たら射撃に支柱が邪魔だったというのは、如何にもおかしく、そんなことも設計に入れていないのは不自然ということになる。
何度も何度も、試作設計図を重ねて来ているんだから、そんな初歩的なミスは考えづらい。
そうなると、対艦隊決戦の時には、支柱を折り畳めるように最初から設計されていると考えるのが合点がいきます。

このところ、武蔵が何かと話題になりましたね。
シブヤンに眠る武蔵も公開されましたが、憤進砲や、袖に配備された三連装機銃が何機かとか、そういう部分は分からなかったですね。
実際に、映像でみられなくても、整合性を考えるとこうだろうなと言うのは当然あるでしょうね。

クレーンの支柱を含めて、研究が進むと、模型への反映が考えられますね。
[PR]

by masato_99s | 2015-05-08 18:50 | ■ 艦船模型
2015年 03月 28日

ピットロード 1/700 海上自衛隊 そうりゅう

a0048167_1342871.jpg

a0048167_1335813.jpg

a0048167_1332382.jpg

ピットロード 1/700 海上自衛隊 そうりゅう です。
非常にあっさりしたキットですが、完成した際に湯口があまり目立たないようになっています。
未塗装ですが、奇麗な感じです。
[PR]

by masato_99s | 2015-03-28 13:05 | ■ 艦船模型