<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

気になる商品を購入しました。
マックスファクトリーのものより、こっちの方がいい!と言う人も多いんじゃないですかね。

ただネットで出回ってる情報の様に、顔などの色彩がやや暗めなところが残念です。
フィギュアの多くは見栄えを優先して全体として明度をあげていることが多いと思うので、この彩度がアニメに近いと言えばそうかも知れません。

口元にかかる手の位置は、顔にかかり過ぎと言う人もいるのですが、個体差があるのか?私が入手したものはあまり気になりませんでした。

なぜマックスファクトリーのものより優れていると思う人がいるのか言うと、筆者はこの様に推測をしています。
同社のものは、まゆ毛が八の字っぽくなっていて「ちょっと困ったなー」みたいな表情にみえます。
実際には「落ち葉がこんなに取れちゃったー」みたいな感じなのかも知れませんが、その表情が好みの分かれるところだと思います。
帽子をかぶった状態ならまゆ毛の形状は気になりませんが・・。

またブルーレイのディスクの表紙から起こしたものだと言われていますが、その絵自体がアニメに出て来た千石撫子と微妙に雰囲気が違います。
アニメの千石撫子を忠実に再現して欲しいんだ!と思うユーザーには、そこでも選択肢から除外される可能性があります。

バンプレストの方は、誰からみても「可愛い!」って感じのものなので、多くの人が満足するんじゃないですかね。
試作が公開された時は「神造形」と言われた様ですが、上記に書いた色彩がやや暗めなところが玉に傷です。

多くの入手者が認める様に現状で出ている千石撫子の中では、かなりマシな部類になることは間違いないです。

オークションでは相場が5000〜6000円程度と言われていますが、私は6750円で購入しました。
相場よりやや高いですが、箱を含めた商品の状態は大変に良かったです。
[PR]
by masato_99s | 2012-02-22 16:36 | 日常のこと
表題のキットを購入して作り出したのですが、ちょっとアレなキットだったので、製作が中断しています。
タミヤのキットはどれも名作ばかりなのですが、一時期のものにはアレなキットがあります。

いわゆる名人級の設計者が退職をしてしまい、設計者が未熟者そろいだった時期と勝手に推測しています。
砲塔の形状が極端に違っていたり、細部の再現が完全な考証不足です。
私は、ちょっとしたことなら我慢するクチなのですが、さすがにこれは来ているなと思いました。
普段のタミヤなら絶対にあり得ないミスも多々しています。

艦船モデラーに分かる様に書きましょうか。
軽巡洋艦の夕張の船体側面のモールドが一切割愛されていたり、空母翔鶴の艦首機銃デッキ付近の再現がおかしいなど、あれタミヤさんどうしたの?って言うキットってあるでしょ。
まさしくT-62戦車がそれってやつです。
長谷川で言えば金剛型の戦艦が、これはちょっとね?の世界でしょ。
どのメーカーにも変な時期があるんですよね。
まだ1/700の艦船なら小さいので目立たない部分はあるけれど、1/35の戦車だとキツイですね。

実を言うと不出来なのは分かっていて買って、レトロトイみたいな感覚で楽しもうと思っていたのですが、ちょっとだけ悩んでいます。
ま、良い方に解釈をするのですが(笑)。
[PR]
by masato_99s | 2012-02-18 01:55 | 日常のこと

タミヤ 1/35 T-34 1942年型

上記表題のキットを完成させました。
衝動的にタミヤのT-34が作りたくなったので組み立てただけなのですが、塗装もしない状態で完結にしました。

70年代のキットとは思えない出来栄ですが、やはり経年の経過を感じさせる部分は多々あります。
しかしながら組み立て易い様に部品がランナーについているなどは、職人魂を感じます。
基本的にシャープ感ありますしね。

バンダイの1/500宇宙戦艦ヤマトを購入した時に、湯口が大きい箇所が多々あったことや、新しいキットの割にはシャープ感がないのには驚きました。
それと湯口の位置が部品の切り出しづらい状態にある部品もありましたね。
こう言うのをみてしまうと、やはりタミヤの職人魂は凄いんだなと認識せざるをえません。

ミリタリーでバンダイの1/48とタミヤの1/35が正面で激突をして、バンダイが破れてキャラモノ模型にシフトして行くんだけど、比較的新しい商品をみてもバンダイのは親切心に欠ける部分がありますね。

最近気になるキットと言えば、戦艦長門 屈曲煙突ですが部品が細かく感じてしまいます。
あとは部品のつき方で気に入らない部分もありましたが。
全体として、凄く良いキットだと思うのですが、今や艦船モデラーはどこまで細かく作れるかを競う時代ですからねー。
その競争の中に入って行きたくなくて、初心に帰ろうと思っている次第です。

よくある話、艦船模型が好きでずっとやっていて年齢が上昇して来て、飛行機や戦車モデラーに転向する人がいると聞きますが、そのことが凄く良く分かりますよ。
艦船は好きでも、夥しい細かい部品をみると戦意喪失する瞬間がありますからね。
[PR]
by masato_99s | 2012-02-10 04:09 | 日常のこと

艦船模型、艦船食玩、模型全般を扱っています。


by 出雲 伊勢