<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

a0048167_1342871.jpg

a0048167_1335813.jpg

a0048167_1332382.jpg

ピットロード 1/700 海上自衛隊 そうりゅう です。
非常にあっさりしたキットですが、完成した際に湯口があまり目立たないようになっています。
未塗装ですが、奇麗な感じです。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-28 13:05 | 艦船模型 | Comments(0)
☆TVアニメ「艦これ」続編の制作決定! 再放送や第二回「観艦式」新情報も
艦船を擬人化した「艦娘」が活躍する大人気ブラウザゲームを原作としたTVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」が今年の1月より放送を開始しましたが、先ほど最終話である第12話の放送が終了。番組の最後に、続編の制作が決定したとの発表が飛び出しました。

この嬉しいサプライズに、喜びの声を上げた視聴者も多かったことと思います。まだ詳細は明かされていないので、放送時期などを含めた情報は続報をお待ちください。

また、TVアニメ「艦これ」の再放送も始まります。TOKYO MXでは、4月8日から毎週水曜日の深夜25:35に実施。BS11では、4月9日から毎週木曜日の27:30より再放送を行います。見逃した方からもう一度見たい人まで、この機会にじっくりと堪能しましょう。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=47&id=3338657&from=home&position=7

(感想)

人気アニメ、艦これが、最終回を迎えました。
どうなんでしょうね。

一瞬、史実のとおりに進行するのかな?と思いきや、それじゃファンが黙っていないってことなのか、架空戦記でしたね。

背景からして、ミッドウェイ作戦としか考えられない状態ですが、大和・長門・陸奥・大鳳なども直接参戦。
しかし、敵空母は3隻ってとこは、史実のとおり。
むむむっ、この感じからして二期目も史実を下敷きにしながらも、架空戦記なんでしょうかね。

如月が、轟沈した段階では、おおっ!このアニメは史実に忠実でいくのか?と思わせましたね。
多分ですが、熱心なファンがなんてことするんだ!と怒ったんでしょう。
それでなんでしょうか、架空戦記になったのは。

吹雪も、長10センチ砲にして「改」とか言ってるので「俺艦」の世界ですけどね。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-27 11:37 | 日常のこと | Comments(0)
a0048167_14212932.jpg

a0048167_14205112.jpg

a0048167_1420956.jpg

タカラ 亡国のイージス いそかぜ/こんごう型です。
連斬模型の中でも不出来と言われている、シリーズです。

中国での反日デモと連動してか、全体的にガタピシした状態です。
これでも直せるところは修繕をして、整合性を出すようにしましたが、接着が固く部品が取れない箇所もあって、そのままのところもあります。

船体中央と、艦尾のところの塗装ズレが酷く、頂けませんね。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-22 14:22 | 艦船食玩 | Comments(0)
先日、フジミの新製品、スナップフィットの戦艦大和が届いた。
http://www.1999.co.jp/10312067

私は、この商品と同じ概念のものを、某玩具メーカーに提案してスルーされた経験があるのですが、仮に発案が私の方が早かったとしても実行したフジミさんの勝利です。

この件をほかの方に話ところ、企画を持っていったところが悪かったんじゃないの?と言われました。
そうかも知れませんね。

なんせ売れるアイディアを提言しても、蹴られている訳ですから。

ちなみにフジミさんの商品を実際にみて「これだよ、これ、自分が言いたかったこと。」
そう思いましたね。

箱のデザインも黒を貴重として、高級感を出す演出にしていますが、私が望むことでもあります。
これも某玩具メーカーに提言したらスルーされた件です。

フジミさんの動きみて、私が理想と考えることをやっているなと、そんな感想を持ちました。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-22 01:15 | 艦船模型 | Comments(0)
写真は、当ブログのエフトイズ武蔵
a0048167_883239.jpg

a0048167_88084.jpg

a0048167_872329.jpg

★戦艦武蔵“新事実”も…タミヤ「プラモの作り直しは考えていない」〈dot.〉
 太平洋戦争中、フィリピン・シブヤン海で沈んだ戦艦武蔵の発見が思わぬ波紋を呼んでいる。きっかけは、米国マイクロソフト社の共同創業者であるポール・アレン氏が3月13日に放送した、武蔵のインターネット生中継だ。次々と明かされる海底の武蔵の映像に対して、ツイッター上では、模型ファンが「俺が知っている『武蔵』の模型と違う」と騒ぎ始めたのだ。

 それが最も活発になったのは、生中継開始から1時間半を経過したあたりだ。無人探査機が艦中央部からやや後方にある煙突付近を探索していた時のことだった。台座に乗った機銃のような残骸が映し出されると、それまでスムーズに解説していたクルーが戸惑いをみせた。探査機がその残骸をさまざまな角度を撮影した結果、クルーは、敵飛行機を迎撃する「シールド付きの25ミリ三連装機銃」だと判断した。

 なぜ、クルーはこの兵器に困惑したのか。実は、これまでの定説では、この場所には、シールドがないタイプの機銃が設置されたといわれていた。シールドは、武蔵が主砲を発射した時に発生する衝撃波から兵士を守るために取り付けられていたものだ。(略)

 なんと、「世紀の大発見」ともいわれている武蔵の発見もプラモデルには影響がなかったのだ。とはいえ、沈没した艦体は、模型開発の貴重なデータになるのではないか。そう思い、さらに食い下がってみた。1985年に東シナ海の海底で発見された「大和」ではどう対応したのか。タミヤの広報担当はこう説明する。


「確かに大和と武蔵は非常に資料が少なく、当時から謎に包まれている艦です。海底に沈んでいる艦体が見つかったとはいえ、完全な状態で沈むわけではない。しかも、発見された残骸もその一部でしかない。それよりも、設計図といった紙の資料が発見されるほうが影響が大きいのです。もちろん、実物の発見も情報として蓄えますが、すぐに模型を作り直すことはありません」


 さすが、模型メーカーの雄、タミヤは“泰然自若”だ。しかし、メーカーが作り直してくれない以上、リアルにこだわる模型ファンはどうすればいいのか。


 実は軍艦模型は、細部を交換できるパーツが単体で販売されている。実際、武蔵の生中継が終わった直後、ネット通販サイト「Amazon」では、話題となった三連装機銃のパーツが、一時品切れになった。

 いやはや、ディテールを追求する模型ファンの“情熱”には脱帽だ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150319-00000006-sasahi-life

(感想)

この記事を書いた人は、模型が好きな人なのかも知れませんが、あまり詳しくない人なのかも。
タミヤから、武蔵最終時は発売されていないので、タミヤにこの質問は如何なものかと。
記事に「三連装機銃のパーツが、一時品切れになった」とあるから、当然に1/700のことを題材にしていると分かる。
もしメーカーに感想を聞くとしたら、最終時を発売しているフジミとかに聞くのが妥当。
フジミのは、後部艦橋銃座にある機銃は、シールド付きになっている。
(1/350のタミヤの武蔵なら、後部艦橋銃座にある機銃が、確かにシールド無しになっている。)

海底の武蔵 通訳つき
https://www.youtube.com/watch?v=lvFlXrNHrpU
https://www.youtube.com/watch?v=PUTucnZtxQA

a0048167_21362346.jpg

艦NX2 日本海軍戦艦 武蔵
http://www.fujimimokei.com/item/items/4968728460024/

a0048167_2137187.jpg

a0048167_21375741.jpg

1/700 特EASY6 日本海軍戦艦 武蔵
http://www.fujimimokei.com/item/items/4968728470054/
[PR]
by masato_99s | 2015-03-22 00:54 | 艦船模型 | Comments(0)
当総合研究所では、お仕事を募集しています。

模型評論、模型批評、模型解説、
雑誌、インターネットコンテンツの記事作成。
模型制作そのものは上手ではありませんが、解説することは出来ます。

模型パッケージデザイン、イラストレーション制作。
解説書デザイン及び、DTP作業。
タンポ版制作。
商品宣伝広告制作。

模型販売と企画のアイディア提供。
このような商品を出したら売れる、このような売り方をしたらもっと売れるなど、企業活性化のためのご助言をさせて頂きます。

一事例、
もう何年も前のことです。
艦船模型は敷居が高いので、塗装が必要ないように色プラで構成して、色別に部品を分けたものを販売したら絶対に売れると某玩具メーカーに提言したことがありますが、あえなくスルーされております。

発案の理由として、甲板に細かくマスキングテープを貼る作業は、素人には大変で子供にはとてもしんどい作業です。
これが嫌だと感じたら艦船模型を作りませんし、裾野が広がりません。
顧客を若いうちから育てることが、未来の顧客を広げることでもあるので、まずは裾野をグッと広げる。
これが重要です。

即断しなければ、負け組になる事実。
アイディア勝負に、二番手、三番手はありません。
一番最初にやったメーカーが、草分けとして注目されて勝利者になります。

躊躇をしていたら、どんどん先を越されてしまいます。
例え、一番最初に考えたとしても、二番手になった段階で、他社を真似たとしかレッテルは貼られません。
なので、アイディア勝負は即断が必要です。

あと、食玩の売り上げを伸ばすには、こういう方法がよいと言うアイディアがあります。
これも、スルーされたことがあります。
企画者目線と、消費者目線は異なっていることが多いです。

企画者がやりたいことと、消費者が望んでいるいることが合致した時のみ商品が大ヒットになるのですが、企画者が「これがやりたい!」という願望を押し通してしまっている部分があります。
ヒットしなければ次の開発資金も先細りますから、ヒットしていくことが大事なのですが、そこにアイディアを持っています。

なーんだ、そんな簡単なこと?と思えることでも、企画者が見落としていることや、故意にやらないことが多いです。
そんな枠を取払い、活性化を目指すのであれば、お手伝い出来ることは沢山あります。

今まで一番難しいと感じたことは、メーカーの企画者を説得することです。
売れる商品の提案は、割りとすんなり思いつくのですが、せっかく提案しても簡単には「賛同」してくれない。
実際、実行さえすれば、売れる自信や確証はあっても、賛同してくれないと企画が動き出さない。
どのように説得すれば、売り上げを伸ばすことに賛同してくれるのか、そこが難しいです。

ご依頼連絡先

masato_99s☆excite.co.jp

☆をアットマークに変えてお使いください。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-19 19:44 | お仕事募集 ご依頼承ります | Comments(0)
a0048167_422975.jpg

以前、作った戦艦大和の写真を撮り直してみました。
詳しくは、掲載ページに。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-18 04:03 | 艦船食玩 | Comments(0)

タカラ シュルクーフ

a0048167_7274042.jpg

a0048167_7262147.jpg

a0048167_7254459.jpg

1/700 タカラ シュルークフです。
もう何年も前に一度掲載して、写真を撮り直すと公約したのですが、
今、その公約を守ります。

現在、塗装済み艦船模型と言ったらエフトイズと思いますが、
タカラが力を入れていた時もあるんですねー。

ローレライと言う括りで発売されていたのですが、映画では改造する場面も出てこなくて、
パンフレットを購入しないとイ507が、シュルクーフを改造したものだと分からないかも知れません。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-16 07:27 | 艦船食玩 | Comments(0)
a0048167_12464588.jpg

先日に引き続き、これまで掲載した写真で品質が今イチなものを撮影し直して差し替えてみました。
今回は、比叡・高雄・扶桑・武蔵・瑞鶴(迷彩)です。
どのように変わったかは、それぞれの記事をご覧ください。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-12 12:46 | 艦船食玩 | Comments(0)
a0048167_1234514.jpg

従来からの写真掲載で、著しく品質の悪い写真を撮り直し再掲載しました。
エフトイズの、赤城・加賀・飛龍・蒼龍・翔翮・瑞鶴・金剛などがそうです。
プロ用の撮影機材は使っていないので、今イチですが、従来のものよりもマシになりました。
詳しくは、それぞれをご覧になってください。
[PR]
by masato_99s | 2015-03-11 12:35 | 艦船食玩 | Comments(0)

艦船模型、艦船食玩、模型全般を扱っています。


by 出雲 伊勢